年齢肌

年齢肌の悩みをカバーしてくれるすっぴん風メイクの特徴

年齢肌の悩みをカバーしてくれるのが、すっぴん風メイクということで今話題になっています。すっぴん風メイクは、肌の透明感が出て、自然なすっぴん風素肌が完成するので、気になる毛穴や小ジワ、シミをしっかり隠すことができます。すっぴん風メイクは、肌トラブルを隠しながら素肌感そのままキープでき、汗や皮脂の気になる季節でも一日中サラサラでいることができます。アラフォーやアラフィフ女性の間で、ノーファンデ主義が急増しているのは、ファンデが肌に負担をかけるからです。ただ、周囲に不快感を与えない程度のメイクは社会人として求められるので、すっぴん風ナチュラルメイクが人気になっています。コンシーラーや下地などを上手く駆使すれば、年齢肌の悩みをカバーしながら、若く見えるようなナチュラルメイクが完成します。ほんの少しの心掛けをするだけで、すっぴん風メイクで、若々しく見せることができます。すっぴん風メイクで年齢肌の悩みをカバーしたいなら、日焼け止めの後にすぐファンデを塗るのではなく、下地ですっぴんを底上げしてからファンデを塗ることです。

 

ほうれい線消す

2015/12/16 17:46:16 |

加齢や生活習慣などが影響することによって発生するシミは、自分で対策をすることもできますが、それよりも早く対応できる方法として皮膚科による治療があるようです。皮膚科で顔のシミを消すために行われているものとしては、レーザーを用いた治療が挙げられます。レーザー治療には、Qスイッチルビーレーザーと呼ばれる、メラニンへの吸収率の高いレーザーを照射してメラニン色素だけを治療するもの、YAGレーザーと呼ばれる、メラニン色素を持つ細胞だけに反応してそれ以外の細胞は通りぬけるタイプのレーザーを使って治療するもの、などがあります。他の方法としては、レーザーを用いたピーリングがあるようです。ピーリングは肌の表面の古い角質を除去することにより、肌の表面のメラニンを取り除いたり、肌のターンオーバーを促進することで肌の奥にあるメラニン色素を押し出す力を高めるといったものになっています。レーザーではなく薬剤を使って行うケミカルピーリングと呼ばれるものもあるようです。また、漂白成分の含まれる軟膏を塗ることでシミを消すという治療も行われるようです。

 

目の下のたるみ